工場・オフィスの電気代削減や節約は新電力の滋賀電力

  • 滋賀電力株式会社公式Instagram

電動アシスト自転車の充電ステーション設置プロジェクト

滋賀電力 > 電動アシスト自転車の充電ステーション設置プロジェクト

充電ステーションを駐輪場に設置

プレゼンテーション1

滋賀電力では、サイバーエージェント社のクラウドファンディングサービス"Makuake"を利用し、「電動アシスト自転車の充電ステーション設置プロジェクト」を行っております。

いま、年間40万台の電動アシスト自転車が国内に販売されているのですが、世の中に電動アシスト自転車の充電ステーションは存在しません。
しかしながら、バッテリー切れを起こして、悲惨な目に遭ったという声をよく耳にするのです。

電動アシスト自転車は、電気の力が残っている間はパワーを発揮しますが、電池が切れた後は「ただ重いだけ」の自転車になってしまいます。
子供を前と後ろに乗せた子育て中のママが、スーパーで買い物をした後に電池切れ・・・

こんな姿は見たくありません。

a0008_000284

クラウドファンディングを使う意味

クラウドファンディングは、「プロジェクトが実現してほしい!」と賛同いただいた方に、1,000円から出資いただくシステムです。

出資いただいた方には、無料チケットをプレゼントし、充電ステーションをご活用いただくこととなっております。

滋賀電力では、皆様のお力をお借りして、電動アシスト自転車の充電ステーション設置を進めてまいります。

出資のご案内や設置予定場所、プロジェクトの詳細につきましては、以下URLよりご確認ください。

https://www.makuake.com/project/shiga-epco/