工場・オフィスの電気代削減や節約は新電力の滋賀電力

  • 滋賀電力株式会社公式Instagram

電力自由化と負荷率(計算式や目安)の関係

滋賀電力 > 新電力で豊かな生活を > 新電力 > 電力自由化と負荷率(計算式や目安)の関係

電力自由化と負荷率(計算式や目安)の関係

2015/10/30

電気代カットの1つの目安

こんにちは。滋賀電力株式会社の山根と申します。
電力自由化(正確に言うと電力小売の自由化)の話題がメディアでもチラホラ報道されるようになってきました。
今後、弊社のような新電力会社から法人のお客様・個人のお客様問わず、あらゆるアプローチが発生することでしょう。
各社それぞれに差別化されたプランを発表してくるはずです。すでにニュースでも取り上げられていますが、携帯電話の料金と電気代がパックプランになるような会社も存在します。
→冷静に考えたら、docomoからauといった乗換がしづらくなるだけなのですが・・・



それでは負荷率のお話。
大手電力会社から新電力会社に乗り換えようとすると、「負荷率」という言葉が登場してくるはずです。
お客様からのお問合せにお答えしていると1つ気づくことがあります。
それは「新電力会社の中には、負荷率を正しく説明していない会社が多い」ということです。
生活に必須である電力の仕組みをしっかりと理解せず、あやふやなまま切り替えてしまって良いのでしょうか?
そこで弊社では負荷率に関する事項を1分程度の動画にまとめさせていただきました。
非常に簡潔にまとめております。音声が聞けない状況でも問題なくご理解いただける内容です。




負荷率・・・いかがでしょうか?

動画はかなり完結にまとめておりますので、専門的な知識をお持ちの方からすれば指摘したい箇所があったかもしれません。
しかしながら、電力業界に関係のない方々からすれば十分な内容かと思います。

特に法人様のような電力を多く使われている方であれば自社の負荷率を把握することは非常に重要です。
おそらく、新電力会社への乗換を検討するにあたり、相見積もりの形で各社を比較されるかと思います。
その中で電気代の仕組みをしっかり説明しない会社から電力を供給してもらうのはいかがなものでしょうか・・・

弊社の考え方

弊社は決して大きな電力会社ではありません。
しかしながら、お客様にとって役立つ情報を発信していくことは大手と遜色なく出来るはずです。
そして、小回りの利くサポートができるのも、地域に根ざした電力会社でしかできないでしょう。

電力自由化の波は年明けから一気に押し寄せます。
しっかりと情報を精査し、皆様が最適な電力会社と出会えることを願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加