工場・オフィスの電気代削減や節約は新電力の滋賀電力

  • 滋賀電力株式会社公式Instagram

mission1 最善のご提案と意思決定(新電力の意義)

滋賀電力 > mission1 最善のご提案と意思決定(新電力の意義)

世の中にはあらゆる仕事が存在します。
モノを作り出す仕事もあれば、サービスでお金をいただく仕事もあります。
場所を貸すだけでお金が生まれたり株を売買するだけでも差益が発生したりするわけです、

いろんな仕事とそのお客さんを見ていると気づくことがありませんか?
「この人、営業マンさんに上手く買わされちゃったんだな」と。


誰にとっての最善か?

弊社の代表を務めております私は、2014年12月まで経営コンサルティング会社で経営コンサルタントの仕事をしておりました。
多くの業界の、あらゆる経営者様と出会わせていただいたのは本当に良い経験となりました。
しかし、私が独立をするきっかけになったことがあります。
「この提案はお客様にとって最善か?」と感じ始めてしまったことです。
そうです。効率を求めだした会社と、常に最善を提案したい私との間に差が生まれました。


ビジネスを突き詰めるならば、いかに最小の労力で最大効率を出しながら売上・利益を作るか。
これに尽きるでしょう。
しかし、1人ひとりのお客様にフォーカスすると「私がコンサルティングをしない方が良いケース」も生じるわけです。
ですが、会社に営利をもたらすためには売上を作らねばなりません。
お客様にとっての最善ではなく、私達にとっての最善で仕事をしてしまっていたのは否めません。


最善のご提案と意思決定

何を甘いことを・・・と感じられるかもしれませんが、弊社は「最善のご提案と意思決定」をお約束いたします。
ただの電力会社ではない、一歩踏み込んだコンサルタントの視点を持ちながら、お客様にとっての最善策をご提案いたします。

その結果が、弊社が提供する新電力ではないかもしれません。
しかし、私達はそれで良いと思っております。

弊社のモットーは「電力を通して生活を豊かにする」です。
生活を豊かに出来なければ元も子もありません。
あくまでお客様にとっての最善、それが新電力であればとことんお付き合いさせていただきたいと考えております。


まとめ

ここまで弊社が掲げるミッションステートメントの1つ目である「最善のご提案と意思決定」をご説明してまいりました。
文章がわかりにくい箇所があったかもしれませんが、要約すると「強制的に売りつけません」ということです(笑)
ですが、私達が「新電力への切替が最善だ」と判断すれば、しつこいほどご説明を差し上げたいと考えております。

弊社のポリシーをご理解いただけるお客様と末永くお付き合いさせていただければ幸いです。